Top >  サイパン島関連読本 >  「これでおしまい」

「これでおしまい」

「これでおしまい」
永倉 万治
「これでおしまい」
定価: ¥ 1,785
販売価格: ¥ 1,785
人気ランキング: 689261位
おすすめ度:
発売日: 2001-10
発売元: 集英社
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
「これでおしまい」の詳細を見る

「これでおしまい」正直、期待せずに注文したので、読み進めて驚きました。

様々な本を図書館で借りて読みましたが、この本が一番、内容が濃かったです。
いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。

「これでおしまい」は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
何人かの友達にもこの本を紹介しましたが、みんなから好評で、感謝された次第です。

この本は、今まで読んだ中で、一番分かりやすかったです。読み始めると、思わず引き込まれて、ついつい、とばさずについ読んでしまう本です。

「これでおしまい」は、大変わかりやすく書かれていますので、入門書として最適です。
この本に書いてある内容を素直に受け取り、実行しています。今のところ効果はてきめんです。
「これでおしまい」をぜひ読んでみることをお薦めします。

哀愁ある短編集
 本書は6つの物語が収録されている短編集。すでに亡くなって1年が経つ著者の最後の短編集でもあります。その本書ですが、リストラされた会社員、何もする気のないプータロー、愛嬌があるものの偏屈な老人らを主人公に、物悲しくも哀愁のある短編となっています。永倉萬治の作品は数多く読んでいただけに、本書が最後の短編集というのも残念ですが、味のある短編集というのは永倉萬治らしかったです。

ゆっくり、こころと、時がうごく6編です
6編とも、ちょっと切なく辛い想いを持つ男が主人公.リストラされたり、失恋したり、一人になったり..そんな彼らに、やさしい女性や、明るい仲間が、希望や優しさ、そして人生の意味を、ゆっくりと、ほんわかと教えてくれる...
今の時代という波にもまれ、どこにでもあるような、それでいて、こころに染みる物語です.
このところ、ちょっと疲れていた ぼくのこころも、ゆっくりと元気になってきました.こころが癒される名作です.

「これでおしまい」の詳細を見る

 <  前の記事 O'neillメンズサーフTEE【長袖ルーズ】5140ネイビー  |  トップページ  |  次の記事 サイパン 個人旅行  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/5539

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サイパン島関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。