Top >  サイパン島関連読本 >  ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)

ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)

ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)
大沢 啓子
ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 572071位
おすすめ度:
発売日: 1999-03
発売元: 大沢啓子
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね~~(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、大沢 啓子の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS) サイコーっす。

鳥がいい!
ロタ島の情報は、サイパンのガイドブックにほんの数ページ載っているだけである。その為だけに、高いガイドブックを買う必要はない。
この本は副題で「オオコウモリと鳥の楽園ガイド」と書いてあるが、島の地図やレストランも載っており、「ロタ島のガイドブック」として十分役に立つ。
ただ情報が古く、私が今年島を訪れた時には既になくなっていた施設もあったので、全てを鵜呑みにするのはオススメできない。
そして、沢山いるがなかなか撮影の難しい鳥たちの写真も見所の一つだろう。

ふたりのロタ島動物記―オオコウモリと鳥の楽園ガイド (MY BOOKS)の詳細を見る

 <  前の記事 T&Cキッズラッシュガード【長袖】イエロー  |  トップページ  |  次の記事 Dzei-efレディスラッシュガード【半袖】ネイビー/ホワイト  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/5542

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サイパン島関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。