Top >  サイパン島関連読本 >  海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)
横山 信義
海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)
定価: ¥ 945
販売価格: ¥ 945
人気ランキング: 253814位
おすすめ度:
発売日: 2006-02
発売元: 中央公論新社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)の詳細を見る

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)はオススメです!

絶対国防圏を巡る死闘の第一ラウンド
 日本側が放棄したマーシャルの攻略後、トラックを無力化しつつマリアナへと矛先を向ける米軍に対し、トラック保持に悩むものの、マリアナでの迎撃に方針を絞る日本軍という図式の中で、とうとう米軍がマリアナに来襲する。基地航空隊と空母機動部隊の連携によって航空勢力の優勢を活かそうとする日本側に対して、空母機動部隊+新鋭戦艦の砲撃でそれを覆そうとする米側というこれまでになかったマリアナ・キャンペーンが実に興味深い。
 ようやく仕上がった史実とは異なる烈風メインの防空戦に徹して航空戦力が磨りつぶされるのをかろうじて防いだ日本側だが、米側はその隙を突いて水上砲戦を挑み、その中で実現する大和対モンタナという実に燃えるシチュエーションが、本書の一番のクライマックスであろう。
 その他の見所としては、マーシャルでの失敗による米海軍内での懲罰人事、そして一時期裏方に回っていた黒島による新しい作戦の叩き台の立案、欧州方面の戦況を鑑みての米側の航空戦力の振り分けと日本側の新兵器の試作状況という、今後の話に繋がるであろう伏線がいくつも描かれてこちらも非常に興味深い。
 マリアナ・キャンペーンの成り行きも他の仮想戦記とはまた違った状況下であり、それに続く展開も独自の成り行きを暗示しているように見えるところが個人的に興味深く、また、最近の続きが気になる作品の中の一つだと言える。

海の牙城〈2〉サイパン沖海戦 (C・NOVELS)の詳細を見る

 <  前の記事 O'neillメンズサーフTEE【半袖ルーズ】5141ネイビー  |  トップページ  |  次の記事 【海外旅行応援♪売り尽くし!】Spydergirlレディスラッシュガード【長袖】イエロー/ライトブルー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/5593

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サイパン島関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。