Top >  サイパン島関連 >  アメリカの領土拡大

休みはゆっくり休みたいけど、旅行へも
行きたいあなたへ時間のかからない
気軽な海外旅行はいかがですか!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アメリカの領土拡大

北マリアナ諸島は自治権を持ち、独自の政治体制で運営されています。
ですが、観光開発などを含む多くの権限はアメリカが握っているといっても過言ではないのです。
アメリカは、イギリスから植民地を13州に割譲されて独立を果たし、その後もイギリスやスペイン、フランス、メキシコから植民地や領土を割譲、買収しながら領土を西へと拡大しました。
そのあいだに新しい州を次から次へとものすごい速いスピードで設けて、やがて西海岸に到達したときに、次に着目したのがサイパン島のある太平洋地域でした。
アメリカは実に短期間で領地を拡大していき、アラスカからロシアを買収し、その後、ハワイを合併しました。
後にハワイは州に昇格し、自国の領土として合併を果たしました。
それから、米西戦争でスペインに打ち勝ち、スペイン統治下のカリブ海のキューバやプエルトリコを植民地化しました。
その後、アジアに進出して、フィリピンやグアムも植民地になったのです。

休みはゆっくり休みたいけど、旅行へも
行きたいあなたへ時間のかからない
気軽な海外旅行はいかがですか!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 北アメリカとは  |  トップページ  |  次の記事 北マリアナ諸島について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6202

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サイパン島 ~海外旅行はサイパン島へ行こう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。