Top >  サイパン島関連 >  ミクロネシアの先住民とは

休みはゆっくり休みたいけど、旅行へも
行きたいあなたへ時間のかからない
気軽な海外旅行はいかがですか!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ミクロネシアの先住民とは

ミクロネシアにある最大の島は面積が337平方キロメートルのポンペイ島で、ミクロネシア全体面積のほぼ半分を占めており、続いてはコスラエ島、ヤップ島の順となっています。
マリアナ諸島の最南端にあるグアムは米国の準州に属し、その他の島は米国の自治領となっています。
ミクロネシアの島々は火山の活動で作られた島々で、ポンペイ島やコスラエ島などは海抜の高い島は山頂が海の上にある火山島で、チューク島は低い環礁となっており、いずれもアジア大陸の地盤変動で形成されています。
ミクロネシアの先住民のほとんどは、ミクロネシア系の人ですが、カピンガマランギ島にはミクロネシア系のほかにも、ポリネシア系の住民もいるそうです。
また、カロリン諸島はミクロネシア海域のなかでポリネシアに隣接する島であり、先史時代からミクロネシアとポリネシアの文化的交流を図る重要な役割を果たし、ミクロネシアとポリネシアが同じオーストロネシア系民族で形成された文化だと推測されています。

休みはゆっくり休みたいけど、旅行へも
行きたいあなたへ時間のかからない
気軽な海外旅行はいかがですか!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 ミクロネシアとは  |  トップページ  |  次の記事 北アメリカとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6200

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サイパン島 ~海外旅行はサイパン島へ行こう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。